おしらせ

  1. ホーム
  2. おしらせ
  3. リフォーム・リノベーション
  4. 第一印象が変わる!アクセントクロスの選び方◆永山

第一印象が変わる!アクセントクロスの選び方◆永山

多くのお客様にお越しいただきました、永山でのリフォームフェア。
「壁紙が素敵ですね」との嬉しい声をいただきましたので、
今回はアクセントクロスの選び方のお話をします。
 
施工実績にも、永山の物件”retro”を追加しました。是非、ご覧下さい。
 
 
近年、新築でもリフォームでも賃貸でも
アクセントウォール、アクセントクロスという考え方が増えてきています。
手法は様々ですが、壁のどこか一面だけ色や柄のついたクロスを貼ったり、塗装をしたり、
タイルを貼ったりすることで、部屋の印象がグッと変わります。
 
16リフォーム retro001.JPG
写真からは分かりづらいですが、
永山の物件では、リビング横の洋室の奥一面にアクセントクロスを貼りました。
淡い緑色で、少し和っぽい植物モチーフの入ったものを選びました。
 
アクセントに挑戦してみたいけれど、一回貼ったらなかなか変えられないし失敗したらどうしよう、
床の色などチグハグも怖いし、選び方が分からないという不安の声もよく聞きます。
 
今回の色選びは、
事前の現場調査で、建具の色、階段の色など既存の濃い茶色を活かすことが分かりましたので、
そこからフローリングは建具より明るくしよう、
キッチンも明るめの木目色、
築29年なので外装、内装ともに隠せない古さは残るのでレトロなものが合うかな、
単色ではなく明るく優しい柄の入ったものを、
と選びました。
インテリアカラー.jpgアクセントウォールは、居室だけでなく、
玄関、トイレ、洗面所など、家に訪れたお客様の目にちょっと触れるような場所に選んでおくと
家の第一印象が変わります。
リビングには、ベージュや茶色、淡いグリーンなどが合わせやすく、
子供部屋にはパステルカラーなど、
トイレ、玄関、洗面など狭い空間には狭い面積で赤や大胆な色を使ってみても面白いですよ。
単色にするのも良いですが、最近は各メーカーが幅広く柄クロスを取り揃えていますので素敵なものがみつかると思います。
 
アクセントで部屋の一部だけだと、新築でもリフォームでも取り入れやすいと思います。
是非、挑戦してみて下さい。

最新のおしらせ10件

カテゴリ

投稿月別に探す