おしらせ

  1. ホーム
  2. おしらせ
  3. コラム
  4. UA値って?

UA値って?

住宅の性能を評価する時に、よく出てくるUA値、
何を表しているか知っていますか?
これは住宅の断熱性能を表す数値です。
 
数値が小さければ小さいほど、何となく性能が良いのは知っているけど
意味までは分からない、という声をよく聞きます。
 
UA値は、外皮平均熱貫流率 [W/㎡K]といって、
住宅を、一つの箱(電気やガス等のエネルギーを使用しない)と考えた時に、
住宅内の熱が、壁や天井、床、窓から、1平方メートルあたり平均して
どのくらい外気に伝わるかという割合を表す数値です。
UA値の図.jpg考慮されているのは、
・天井や屋根からの熱損失
・窓からの熱損失
・床からの熱損失
・壁からの熱損失
・窓からの熱取得
 
ですから、
壁と天井の断熱材の種類や厚みや、窓はペアガラスかトリプルガラスか、
と悩む時に参考にする数値です。
断熱性能は、暖房費にも直結しますから、なかなか侮れない指標ですね。
 
同じ断熱仕様で、同じような大きさの家でも間取りや形で数値は変わります。
外壁の面積が大きくなれば逃げていく熱は増えるので、
総二階の家の方が熱は逃げにくく、
 
CUBE1.jpg
 
凸凹が多い家の方が熱は逃げやすく、UA値は悪くなるのです。
 
CUBE2.jpgご参考までに、ホームテックで
2年前に完工した、神居モデル(長期優良住宅、SW工法)はUA値0.34。
今秋に着工するZEH物件は、UA値0.24。
 
数値が小さければ、「熱が逃げにくく暖かい家」と評価できますが、
北海道に設けられているUA値の基準は、0.46[W/㎡K]以下。
どこにどのように予算をかけるのかは、ご相談しながら決めていきましょう。
 

最新のおしらせ10件

カテゴリ

投稿月別に探す