おしらせ

  1. ホーム
  2. おしらせ
  3. コラム
  4. 家の中のどこが寒い?◆定期点検

家の中のどこが寒い?◆定期点検

1年半前にお引渡ししたお客様の定期点検にお伺いしました。
今回は、特別に赤外線カメラでお部屋の中を撮影させていただきました。
 
真冬の家の中の温度が実際に目に見える!?
これは興味深い!!
(赤外線カメラではない写真は、お引渡し当時の写真で
赤外線撮影時のものではありません。日差しの影響などは含まれていません。)
お知らせmidorigaoka05-1.JPGお知らせmidorigaoka05-2.jpgこの赤外線カメラの画像から室内の表面温度が分かります。
一番高い温度で24.6℃、一番低い温度で18.4℃、
全体的に21~22℃くらいで室内は快適温度ですね。
 
実際、とても暖かく快適に住んでいます、
とのお声もいただき嬉しい限りです(^^)
 
窓枠の温度が少し低いのが分かりますね。
トリプルガラスの高断熱サッシでガラスの性能が良く、
ガラス表面よりも窓枠から冷気が伝わるのだな、ということが分かります。
温度表示の仕方で、とても冷たそうに見えていますが
この日の外気気温はマイナス4℃、窓枠室内側表面18.4℃ですから
十分に高断熱窓の性能を発揮しているのです!
 
2018年4月から、中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)
の説明が義務化されることになりました。
ホームテックでは、このような赤外線カメラや専門機器を揃えて
ホームインスペクションも承っております!
 

最新のおしらせ10件

カテゴリ

投稿月別に探す